はじめまして!
セフレンジャーブルーのタッシーです。
まずは軽く挨拶を。

シンジ

タッシーの話聞くとほんまブルーな気持ちになるわ

タッシー

あざっす!←褒めてない

僕の態度がアンニュイなのか話の内容が憂鬱になるのか。
昔からレッドさんには口癖のように言われていました。
まさか本当にブルーになる日がくるとは思いませんでした。。。
そんなこんなで記念すべき出会い系体験談、第一段です!

この体験談で使った出会い系はワクワク(ワクワクメール)です。
昔個人的にワクワクワイワイシー(YYC)使ってたので。
因みに、ワイワイシーのアダルトカテゴリが廃止された話を
レッドさんに聞いた時にはビックリしました。
アダルト廃止については、出会い系ランキングにも書いてあるみたいです。

→出会い系ランキング

とりあえずワクワクワイワイシーを使ってみましたが、
昔よりデザインがきれいになっていました。
使いやすさは…パッと使ってみた感じ個人的には
ワイワイシーよりワクワクの方が使いやすい(見やすい)印象でした。
ランキングでは逆だったので、きっとレッドさんの中で何か攻略法があるんだと思います。
今度教えて貰ってためしてみようと思います。

これはどちらにも言えますが、アプリ版は手軽だけど
ブラウザ版の方が使いやすそうです。
アプリ版も併用して使ってますけどね。
これからどんどん使っていく中で印象は変わるかもしれませんが。
使いずらいけど会いやすいとか、セフレに出来そうな女の子が多いとか、
出会い系サイトによっても違いますし。

女の子の層も昔と違っていて、久しぶりにやると全然うまくいかなかったです。
セフレやハメ撮りできそうな女の子は相変わらずたくさんいるんですけどね。

レッドさんに泣きついて教えて貰った出会い方で、ワクワクに再挑戦。
なんと連絡した一人目の女の子といきなり会えました!
しかも大好きなオッパイを堪能してセックスまでできるなんて。
あの人まじ何なんだ…。

かまってちゃん女子大生とライン交換

今回会った女の子。

写真を見ると…可愛い。
すぐにメールを送ってやりとり開始。

年齢を聞くと21歳で、大学生らしい。
たわいもない会話で8通ほどやりとりしましたが、
至る所でかまってちゃんオーラが出ていました。
そういや、かまってくださいと書いてたな。

「もっと話したいからライン教えて」と送るとすぐにlineを教えてくれました。
レッドさんが言う通り、若い子ほど教えてくれやすい気がしました。

lineのやりとりはこんな感じ。

甘いお酒が好きみたいなのでいっぱい飲ませよう。

酔った妹系ロリ顔JDとラブホ

お互い大阪住みなので、当日は梅田で待ち合わせをしました。
現れたのは…ロリ顔のJD
写真は大人っぽく映ってたから一瞬気づきませんでした。

妹属性の人懐っこい性格で、居酒屋へ向かう途中で腕を組んできました。
ちょっと「おっ!」てなりました。
オッパイが当た…ってる感じはあまりなかったけどCカップくらいかな。
でもやわらかそう。

居酒屋に入ると早速甘いカクテルを頼んでいました。
ご飯と合うのか不思議でしたが、美味しそうに飲んでいました。
「おいしー」とニコニコしてる顔はとても可愛いかったです。
JDらしく大学の話やテニス部に入っているという話を聞いていました。
その間も「次これにしよー」と毎回違う甘そうなカクテルを頼んでは飲んでいました。

ペースが早かったので若干心配になり、
トイレに行った帰りにウーロン茶を頼んでおきました。
帰って来ると、

寝てるし。。。

「ウーロン茶頼んだから飲む?」
「うん。ねむーい、酔ったぁ」
起き上がって来ましたが、相変わらず眠そう。
「そろそろ店出よっか」
「えー外寒いよぉ」
「じゃあ寒くないところ行こう」

お店を出るとまた腕を組んで来ました。
「どこ行くのー?」
「身体が温かくなるとこ」
途中コンビニに寄ってラブホ街の方へ向かうとJDも気づいていましたが、
何も言わなかったのでOKサインだと思いました。

適当に安そうなラブホへ入ろうとすると、
「ここやだーもっと可愛いところー」
やっぱり入るのはいいんだな。
「じゃあ、あそこにしよう」
少し高めでしたが仕方ない。

ロリ顔JDのオッパイを堪能してセックス

部屋に入るなり「あ~しあわせ~」とベッドへ倒れました。

動かないので本当に寝たのかと、近づいて左肩付近をゆさゆさと揺らしてみました。
「おーい」
「んぅ眠いぃ」
そう言って仰向けになりました。
「寒いからぎゅってしてぇ」とまるで抱き枕を抱くように、
僕を引き寄せて抱きついてきました。
僕の股間がアツくなり、大きくなってきました。

すぐ横には寝ているさやかちゃんの顔。
いたずらしてやろうと耳に生温かい息を吹きかけました。
「はゎっ」と身体をビクッとさせて目をあけたので、
顔を布団に埋めて寝たふりをしました。
また静かになった頃に今度は耳を舐めました。
「んっっ」とまた身体をビクッとさせて目をあけましたが、
今度はそのまま舐めたり耳たぶをはむはむしたりと耳責め。

さやか

ちょっと…やっ…んっっ

タッシー

耳弱いの?

さやか

うん…好きぃ…

タッシー

ふーん、弱いんやー(ペロペロ)

さやか

はぅぅ(ビクビク)

服の上からオッパイを揉みながら、膝をさやかちゃんの股間に押し当てる。
感じているのか、だんだん僕の背中に回していた手に力が入ってきているのがわかった。
耳責めをやめると、背中に回していた手を僕の首元へ動かして自分の唇の方へ引き寄せた。
望み通りキスをしてベロチュー。
どんどん息が荒くなってきた。

服を脱がせようとすると僕の服も脱がせてきた。
お互い全裸になり、待望のオッパイにしゃぶりついた。
大きくはないが小さくもなく、おわん型のやわらかいオッパイ。
意地悪く「乳首たってるよ」と言うと
「そっちこそさっきから当たってるし」とすでに勃起している僕の股間を触ってきた。

僕も下に手をやりお互いの陰部を触りあった。
態勢がきつくなってきたので横に倒れると、今度はさやかちゃんが上になり69(シックスナイン)。
ペロペロと竿の先を舐めたあと、チュポチュポとフェラしてくれました。
僕もクリをぺロぺロすると、舐める度にビクン、ビクンとなっていました。
クリを舐めながらも重力に逆らえず下に垂れるオッパイを揉んで更に興奮。

タッシー

さやかちゃん…そろそろ…

さやか

うん…入れて…

フェラしている口をチュポッと抜いて、そのまま身体をクルッと反転。
僕の竿を手で誘導しながらゆっくりと挿入。
騎乗位の態勢になりました。

さやか

あっっっ…んぅぅぅ…

さやか

んっ…んっ…あっ…あっ…んっ…

さやか

あんっ…もうだめっ…(耐えきれず倒れこむ)

タッシー

気持ちいい?

さやか

はぁ…はぁ…うん…でも…激しいの…ダメ…

タッシー

ん?激しくして欲しいってこと?
(お尻をつかんで激しく上下に突き上げる)

さやか

んんんんんぅ、ダメぇぇ、あぁぁぁん!

タッシー

はぁ…はぁ…逝きそうっ!

さやか

わたしも…あっあっ逝くっ逝くぅぅっっ!

さやか

はぅぅぅ(ビクビク)

同時に逝った後は息が戻るまで僕の上に覆いかぶさったままでした。
オッパイも当たってて最高の賢者タイム。
ぎゅうってしてきたんで頭を撫でてやりました。
ロリ顔だし本当に甘えん坊の妹みたいでした。

一緒に風呂に入ってイチャイチャとまたオッパイを堪能。
ベッドに戻ってもう1回戦してその日は裸のまま寝ました。

寝起きでまたセックス

朝起きるとまたオッパイを押しあててぎゅうっと抱きついて寝ていました。
興奮してきたので態勢を動かし寝ているさやかちゃんの可愛いオッパイをペロペロと舐めました。
徐々に身体がクネクネと動いてきたので股間を触ると…濡れている。
そびえ立った竿を穴につっこむとすんなり入った。
「んっんっんっ」
「えっ…んっ…ちょっ…あっ」
目を覚ました時には身体は反応しているので嫌がりもせずそのままSEX。
久しぶりにエクスタシーな朝を迎えました。

軽くシャワーを浴びて出てくると、着替え終わったさやかちゃんは
ベッドで横になってスマホを触っていました。
鏡越しに写真を撮ろうとすると気づかれましたが、この笑顔。

満足してもらえたみたい。

久しぶりの出会い系で一人目から合計3発発射!
幸先良い感じです。
溜まっていたのでかなり楽しんじゃいました。

さやかちゃんをセフレにしつつ、次は僕の大好きな巨乳狙いでいきたいと思います。

帰りにロリ好きレッドさんに報告したらガチで紹介しろってまじでうるさかった…。

妹系ロリ顔JDがいた出会い系サイトはワクワクメール

▼今回出会った女性のプロフィール

さやか

年 齢 :21歳
職 業 :JD
交際関係:独身(彼氏なし)
スタイル:普通
ルックス:ロリ系・妹系
出会い系:ワクワクメール
出会い方:プロフィール検索(ニューフェイス)から