「ひと夏の恋」という言葉がある通り、夏になると恋をしたくなる人が多くなります。
これは実際に科学的にも証明されているようです。
例えば夏休みに入り、夏フェスなどの野外イベントでテンションが上がったり、
お祭りや花火では浴衣姿、海やプールへ行って水着になれば気分だけではなく、
服装も開放的になりますよね。
普段から露出も増えていき、ちょっとぶつかっただけでも
肌と肌が触れ合っちゃうような最高の季節ですw
こういった非日常の開放感が、興奮ホルモン(ドーパミン)などの快感物質の分泌を促し、
普段は理性で抑えていた本能が表に出やすくなるという訳です。

また、紫外線を浴びることで男性ホルモン(アンドロゲン)女性ホルモン(エストロゲン)が増加するとも言われており、これらの欲情ホルモンが性欲を活性化させているようです。
夏が終わって興奮状態が冷めると恋が終わってしまう・・
というのもこれが原因の一つだと言われています。
つまり、夏は出会いを求める時期となり、出会い系も登録者が増え、
出会える率も上がるということです!

夏のイベントを口実に次へつなげる!

イベント盛りだくさんの夏!
これを使わない手はないですよね!
いきなりは難しいかもしれませんが、最初は食事だけでも
「今度お祭り行こうよ」なんて誘うと、また会う約束を取り付けるきっかけにもなります。
もちろん事前に調べておく必要がありますが、
その子が無理でも次の子には使えるかもしれないので、持っておけば武器になります。
イベントで心も身体も開放的になれば、流れでホテルへ・・
なんてことになる可能性もより高くなるはずです!

夏のイベントがある内に、女性が開放的になっている内に積極的にアプローチしましょう!